AGA治療薬

『AGA』とはAndrogenetic Alopeciaの略であり、『男性型脱毛症』のこと。
成人男性にみられる髪が薄くなる状態のことです。
思春期以降に額の生え際や、頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられており、放っておくと徐々に進行していってしまいます。

そんなAGA症状に効果を発揮してくれる、有効成分フィナステリドのお薬と、有効成分ミノキシジルのお薬を紹介しています。

フィンペシア

フィンペシア

フィンペシアは、インドの製薬会社シプラ社がつくるAGA治療薬「プロペシア」のジェネリック医薬品で、 フィナステリド成分の経口医薬品です。

数あるAGA治療薬の中でも、確実な効果と、高いコストパフォーマンスで、人気の商品が、このフィンペシアです。

プロペシア

プロペシア

プロペシアは、フィナステリドを有効成分とするお薬です。

本来プロペシアは前立腺肥大症のお薬として販売されていますが、AGA治療薬として使うことができます。 特にプロペシアは、一番初めに開発され、世界から信頼されるお薬です。。

ロニタブ

ロニタブ

ロニタブは、インタスファーマ社がつくるAGA治療薬「ミノタブ」のジェネリック医薬品です。

ミノキシジルが、血管を拡張し、頭皮の血流が良くなることによって、毛髪へ栄養を送りやすくすることで、 ロニタブは発毛育毛効果を発揮してくれます。あるお薬です。

ツゲイン

ツゲイン

ツゲインは、アメリカのジョンソン&ジョンソン社製塗布タイプAGA治療薬「ロゲイン」のジェネリック薬品です。

有効成分ミノキシジルが、血管を拡張し、頭皮の血流が良くなることによって、毛髪へ栄養を送りやすくします。

このページの先頭へ